NPO法人伊勢サッカー協会 活動理念
子供たちのために、みんなのために、そして未来のために
 
基本理念
  • サッカーの継続的な発展に取り組み、スポーツ文化の定着を図り、青少年の健全育成及び地域の活性化に寄与するとともに人々の生涯を通じた自己実現と豊かで活力あふれる「わがまち伊勢」づくりに貢献します。
    また、サッカーによる南勢地域活性化のためリーダーシップを発揮します。
 
3つの柱
  1. 人づくり(=たくましい人材の育成)
    伊勢の将来を担う子どもたちにサッカーの楽しさを伝え、多様な価値観のもと個々のニーズに応じた楽しみ方や活動を通じて、自立を促し、心身の健全な発達に寄与します。
    プレーヤー(選手)だけでなく、サポーターとしての関わり方も重視し、保護者・関係者等の様々な関わり方を推進します。
  2. 絆づくり(=サッカーファミリーの育成)
    世代・性別・経験を超え、地域の人々がサッカーを通じて交流し、お互いを身近に感じられる社会つくりを目指します。
    誰もがサッカーを通じ家族のように強い結びつきをもてる社会を目指します。
  3. まちづくり(=豊かで活力ある伊勢つくり)
    人々がサッカーによって活気づき、健康の保持増進が図られ、生きがいと張りのあるまち伊勢づくりに貢献します。
 
行動計画
  1. サッカーファミリーを増大します。
    会員へのサービスの充実
    プレーヤー、サポーターを含めたサッカー人口の拡大
    様々な情報提供の充実
  2. 誰もが気軽にサッカーに親しめる環境整備に努めます。
    ハード面の整備=行政・民間企業との連携
    ニーズに応じたプログラムの充実
    各種イベントの開催
    会員交流の場の確保
    トップレベルの試合誘致
  3. 国際的に通用するプレーヤーの養成を目指します。
    一貫指導の実現推進
    登録チームのレベルアップ
  4. 指導者の資質向上を図ります。(県協会との連携)
    “Players First”、“Open Mind”の実践
    ライセンス保有者の養成
    多様なステージで活躍できる指導者の養成
  5. 審判員の資質向上、資格保持者の増大に努めます。
    ライセンス保有者の養成